special

メディア掲載情報

東京新聞連載「出品作家の視点」

印象派を代表するクロード・モネと、後世に続く現代作品の時代を超えた結びつきを展覧する「モネ それからの100年」展。モネの作品とともに紹介される現代作品のうち5点を、作家本人に解説していただきました!

①福田美蘭 《睡蓮の池》《睡蓮の池 朝》 光の移ろい 自由な視点で
→記事はコチラ

②丸山直文 《puddle in the woods 5》 変化する森、常に新鮮な姿
→記事はコチラ

③水野勝規 《holography》 異なる時間軸 色彩の変化
→記事はコチラ

④児玉麻緒 《SUIREN》 生の瞬間捉える一筆の重なり
→記事はコチラ

⑤小野耕石 《波絵》 移りゆく風景 匂い立つ人間美
→記事はコチラ

最新記事