special

メディア掲載情報

東京新聞 作品紹介連載<中ザワヒデキ×辛酸なめ子による往復書簡>

【お2人のプロフィール】

<中ザワヒデキ>
1963年新潟県生まれ。美術家。千葉大医学部在学中よりアーティスト活動を開始し、卒業後、眼科医勤務を経て日本最初のCGイラストレーターとなる。97年に色彩や画素の代わりに記号を用いる理論的作風の純粋美術家に転身。2004年に色彩の使用を再開。

<辛酸なめ子>
1974年東京都生まれ。漫画家・コラムニスト。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。やわらかい文体と相反したシニカルな視点と画風を持ち味に、漫画家、文筆家として活躍。

中ザワヒデキが選ぶモネ①
「テムズ河のチャリング・クロス橋」 記事はコチラ

辛酸なめ子が選ぶ現代作品①
マーク・ロスコの「赤の中の黒」 記事はコチラ

中ザワヒデキが選ぶモネ②
「睡蓮」 記事はコチラ

辛酸なめ子が選ぶ現代作品②
松本陽子の「振動する風景的画面III」 記事はコチラ

中ザワヒデキが選ぶモネ③
「バラの小道の家」 記事はコチラ

辛酸なめ子が選ぶ現代作品③
福田美蘭「睡蓮の池」 記事はコチラ

最新記事